Topコンセプト

コンセプト

家づくりを通して 地元の方をはじめ 多くの人に喜んでもらえる建設会社でありたい

一生忘れないお施主様家族との出会い

コンセプトこのホームページをご覧いただきありがとうございます。代表の若杉健志です。
 
これまで数多くの家づくりに関わってきましたが、その中でも特に印象に残っているお施主様がいらっしゃいます。
ペコペコの床の修理を依頼されてうかがったS様邸。台所のとなりがお風呂で脱衣所がなく、洗面所はお風呂の中という間取り。
 
そこに大人4人(うち2人は大学生と中学生)が生活しているというお宅でした。

 
実際にお伺いし、間取りをよく見ると浴室とトイレ・収納は比較的広いことに気がつきました。
 
そこで、当初のご依頼であったペコペコの床の修理だけでなく、キッチン、お風呂、トイレ、玄関をリフォームして効率のよい間取りに変更して新たに脱衣所兼洗濯機置き場を設けるプランを提案したのです。
その結果、大変住み心地が良くなり、お客様にとてもよろこんでいただけました。
 
これだけでも本当にうれしかったのですが、この話にはまだ続きがあります。
S様の息子さんが、このリフォームを通じて
コンセプト『将来は一級建築士になりたい』と言ってくれたのです。
 
そして
『自分もこのような人に喜ばれる家を設計したい』
と建築士である私にインタビューをしてくれたのです。
 
後日それをまとめた論文を送ってくれました。
一人の若者が将来の道を決めるほど、大きな感動を与えることができたのかと思うと、
この仕事をやってきてよかったと心から思います。
 
同時に地域密着の小さな工務店兼設計事務所だからこそできる、
地元への恩返しの1つになれたのではないかと思います。
 
H君、本当にありがとう! 建築士になれたら、一緒に仕事しようね!


地域密着の工務店、設計事務所だからできること

■ 現場ごとに合わせた提案
コンセプトセダー建設は地元大田区で大正10年に創業、その後昭和62年に現在の「セダー建設株式会社」となりました。

住宅設計の他に耐震診断・耐震補強計画も得意としています。

というのも現在4代目の私ですが、大学在学中に体験した阪神大震災にショックを受け、三年次から専攻を構造に変更しました。 阪神大震災では、悲しいことに人の命を奪ってしまう家があったからです。

「家は人を守るものだ」それが私の信条です。

そして長年の経験から、現場施工に精通しているのが強みで、現場ごとにあわせた提案が可能です。

リフォームの場合は、解体してみなければわからない傷みや不具合で、追加工事が発生することがあります。そんな時でも対策・予算などをしっかりと提示し、双方が納得して工事を進めるようにしています。

■ 地域活動
セダー建設は地元大田区が大好きです。ですので地域活動にも積極的に参加しています。

  • ・一般社団法人おおた助っ人(大田区は『大田区の専門家が笑顔にする』をモットーに活動している団体)への参加
  • ・小池自治会市民消化隊に参加
  • ・上池台3丁目(セダー建設事務所)での工作教室やガレージセールなど

大田区の人々のお役に立てるよう活動しています。
これからも地元大田区で、地域密着だからこそできるお引渡し後のアフターフォローをはじめ、お客様にご満足いただける住まいづくりをご提供し続けます。

コンセプトコンセプトコンセプト

セダー建設の施工事例をご覧ください

リフォームに関するご相談はお気軽に!

  • リフォームメニュー
  • ご相談・お問い合わせ
  • よくある質問
  • ダンススタジオサイト
  • イベント情報
  • だんらん
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 東京都大田区・世田谷区
    目黒区・品川区・港区

  • ダンススタジオサイト
  • 出口の見える無料相談会
  • タカラスタンダード
  • トートー
  • リクシル